HOME記事カテゴリ > 誰にでもお金を貸す人々

誰にでもお金を貸す人々

お金を貸す業を行う場合、届け出と貸金業法を守ることが貸金業者の使命になります。

しかし、改定された貸金業法では、年収の3分の1以内の借金しか許されません。

生活の為や借金の返済の為にやむなくお金を借りないといけない人々は、どこにいけばお金が借りれるか知っています。

そこで、この規定に掛かってしまった人は、ヤミ金へと流れていきます。

ヤミ金業者は、法的な届け出もしていない為、出資法の上限利率を超えた場合の刑事罰(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)の対象にななりません。

つまり、金利はつけ放題で、年利100%を超えるような金利も存在します。

これでは、払っても払っても利子のみで一向に元金は減らない為、借金問題から何時までも解放されません。


弁護士費用と過払い請求は、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。