HOME記事カテゴリ > 今後お金が借りれなくなるかも

今後お金が借りれなくなるかも

お金を貸す業務をする場合、届け出が必要なのと貸金業法と言う法律を守らなければいけません。

貸金業法とは、貸金業が我が国の経済社会において果たす役割にかんがみ、貸金業を営む者について登録制度を実施し、その事業に対し必要な規制を行うとともに、貸金業者の組織する団体を認可する制度を設け、その適正な活動を促進するほか、指定信用情報機関の制度を設けることにより、貸金業を営む者の業務の適正な運営の確保及び資金需要者等の利益の保護を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的とする。

しかし、この目的は多くの債務多重問題を排出してしまいました。

そこで、多重債務問題とグレーゾーン金利と言う訳のわからない金利を撤廃する為に、貸金業法が改定されたのです。

貸金業者が個人へ貸し付ける場合には、指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務付けられました。

調査の結果、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けが禁止されました。


弁護士費用と過払い請求は、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。