HOME記事カテゴリ > グレーゾーンの不思議

グレーゾーンの不思議

現実にはサラ金業者のほとんどが、利息制限法の上限利率をはるかに超える高金利で融資をしています。

利息制限法は、所詮建前の法律でこの法律を守らなければいけないという罰則もありません。

また、利息制限の他に出資法という法律があり、この法律では上限利率を年29.2%としています。

出資法に違反した場合、罰則がある為にこの上限金利以上では、お金を貸すようなことはありません。

利息制限法の上限利率は15~20%以内と元金でその割合が決められています。

つまり、利息制限法を越えて出資法以内で貸し出す金利部分を透明でないためにグレーゾーン金利と呼ばれています。

利息制限法の上限利率を超過する利息契約は無効ではありますが、一方で貸金業規制法43条では、この利息制限法超過利息であっても、あなたが任意に利息として支払った場合は有効な利息の弁済とみなすと定めています。


弁護士費用と過払い請求は、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。